FP2級難易度の最新情報

FP2級の試験制度を理解する

FP2級の勉強をするに当たり、どうしても理解しなければいけないのが、試験制度です。
多分、このサイトを見てくれている方でも、よくわかっていない方がいると思います。

少し複雑な仕組みではありますが、難しく考えないで、これから説明することを素直に理解すれば良いでしょう!

まず、FPには、日本FP協会と金財という2つの試験実施団体があります。
基本的にどちらを受験して構いませんが、特別な理由がない限り、日本FP協会で受験して下さい。

何故なら、日本FP協会では独自の民間資格である、AFPとCFPという資格を取る事が出来ます。
この2つの資格は、FP技能士検定よりも知名度が高く、就職にも有利になります。

AFPとはFP2級と同等で、CFPはFP1級と同等の資格です。

但し、資格を取得するためには、研修を行なわなければならず、それは、日本FP協会の認定校でなければ受けられません。

大手の通学講座なら、ほぼ認定校になっていて、通信講座専門校なら、フォーサイトやユーキャンくらいだと思います。

審査がとても厳しく、ある程度の学校でないと認定されないと聞いたことがあります。
ですので、教材だけを販売している会社や怪しい情報商材を売っている会社は、認定校にはなれません。

なお研修と言うのは、提案書を作成し、それを提出するだけです。
受講する学校が丁寧に指導してくれるので、何も心配はないと思います。

また、日本FP協会の認定校を受講すれば、FP2級の受験資格を得られます。
通常だと3級に合格しなければ、受験できません。

このような理由もあり、通信講座や通学講座をオススメしていました。

ちょっと話が複雑になったので、ここでまとめると、

1、日本FP協会で受験
2、日本FP協会の認定校である通信講座や通学講座を受講する
3、2の学校で提案書を作成する
4、FP2級に合格する
5、AFPの資格を取得

といった流れです。
つまり、日本FP協会の認定校を受講して、FP2級に合格すれば自動的にAFPが取得できるのです。

是非覚えておいて下さい。


>>FPは正しい教材があれば、難易度が高いとは感じません。